アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

(ISC)2は、第12回年間アジア・パシフィック情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント(ISLA)の受賞者を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
(ISC)2は6月19日、第12回年間アジア・パシフィック情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント(ISLA)の受賞者を発表した。7月9日に香港のコンラッドホテルで開催される表彰式ディナーにおいて、17人の受賞者を表彰する。

ISLAは4つの部門でそれぞれ受賞者を発表しており、日本人では、Information Security Educator部門では、東京電機大学の特命教授である佐々木良一氏が受賞した。Managerial Professional for an Information Security Project部門では、合同会社White MotionのCEOである蔵本雄一氏が受賞した。

Senior Information Security Professional部門には、パナソニック株式会社の製品セキュリティセンター製品セキュリティグローバル戦略室 室長 兼 Panasonic PSIRT代表である林彦博氏、NTTセキュリティ・ジャパン株式会社のセキュリティオペレーションセンター アナリストリーダー兼マネージャーである阿部慎司氏が受賞。Information Security Practitioner部門では、みゅーらぼの代表/コミュニティ・オーガナイザーである平田真由美氏、アマゾン ウェブサービスジャパン株式会社の技術統括本部 レディネスソリューション本部 シニアセキュリティソリューションアーキテクトである桐山隼人氏が受賞した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×