2017年度の国内マネージドEDRサービス市場は3.5億円、今後は急速に成長(ITR) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

2017年度の国内マネージドEDRサービス市場は3.5億円、今後は急速に成長(ITR)

ITRは、国内のマネージドEDRサービス市場規模推移および予測を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は6月19日、国内のマネージドEDRサービス市場規模推移および予測を発表した。

近年、新たなエンドポイントセキュリティソリューションとして、EDR(Endpoint Detection and Response)が注目されている。しかし、適切に運用できない企業に向け、セキュリティサービスベンダが企業ネットワークに接続しているPCなどの端末にEDRエージェントをインストールし、SOC(Security Operation Center)で監視・分析を行い、マルウェアの検知や端末の隔離などの調査および迅速な対応支援を行う、マネージドEDRサービス市場が立ち上がっている。

2017年度の国内マネージドEDRサービス市場の売上金額は3.5億円で、前年度比2.5倍となった。今後、EDRの定着とともに参入ベンダの増加が予想され、同市場のCAGR(2017~2022年度)は70.2%と急速に成長すると予測している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×