混在する高速WANリンクに対応する仮想ネットワーク暗号化プラットフォーム(ジェムアルト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

混在する高速WANリンクに対応する仮想ネットワーク暗号化プラットフォーム(ジェムアルト)

ジェムアルトは、新しい仮想ネットワーク暗号化プラットフォーム「SafeNet Virtual Encryptor CV1000」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ジェムアルト株式会社は6月6日、新しい仮想ネットワーク暗号化プラットフォーム「SafeNet Virtual Encryptor CV1000」を発表した。同製品は、ハードウェアベースのSafeNet High Speed Encryptorファミリのセキュリティと性能を活用する仮想セキュリティアプライアンス。SD-WAN(ソフトウェア定義広域ネットワーク)でも従来のネットワークでも、通信データのセキュリティを確保できるように設計されているという。

最高5Gbpsで流れる、混在する多様な高速WANリンク(レイヤー2、3、4)にわたってデータを暗号化できるようにするTransport Independent Modeを提供するのは初。どのネットワークレイヤーでも最高の性能と安全な暗号化が実現できるとしている。なお同製品は、ジェムアルトの高速暗号化パートナーであるSenetas社(セナタス)が開発した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×