客員教授1名のアカウントが不正利用、不特定多数のユーザーへメール送信(京都薬科大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

客員教授1名のアカウントが不正利用、不特定多数のユーザーへメール送信(京都薬科大学)

京都薬科大学は5月23日、同大学客員教授1名の電子メールアカウントが不正利用され、不特定多数のユーザーへメール送信されていたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
京都薬科大学は5月23日、同大学客員教授1名の電子メールアカウントが不正利用され、不特定多数のユーザーへメール送信されていたことが判明したと発表した。

これは少なくともアクセスログが残っている2018年4月19日から5月11日までの期間、電子メールアカウントが不正利用され3,699件のメール送信が確認されたというもの。

なお、同大学が保有するデータの漏えいや情報システムへの侵入、改ざんは確認されておらず、また当該客員教授は同大学保有データへのアクセス権を所有していないとのこと。

当該客員教授1名のパスワードが何らかの理由で外部に漏えいしたことが原因と推測されるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×