2017年の国内セキュリティ製品市場は2,973億円、サービス市場は7,581億円(IDC Japan) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

2017年の国内セキュリティ製品市場は2,973億円、サービス市場は7,581億円(IDC Japan)

IDC Japanは、国内情報セキュリティ市場予測を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
IDC Japan株式会社は5月28日、国内情報セキュリティ市場予測を発表した。これによると、2017年のソフトウェア製品とアプライアンス製品を合わせたセキュリティ製品の市場規模は、前年比5.1%増の2,973億円。2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR)は3.9%で、2022年には3,602億円に拡大すると予測している。

また、2017年のコンサルティングやシステム構築、運用管理、教育・トレーニングサービスを含むセキュリティサービスの市場は7,581億円。2017年~2022年のCAGRは5.4%で、2022年には9,870億円に拡大すると予測している。

2018年の国内セキュリティソフトウェア市場は、自治体の強靭化施策などで好調だった2017年より成長率が鈍化するものの、EU 一般データ保護規則(GDPR)などの法規制やコンプライアンスへの対応、世界的なスポーツイベントの開催を背景とする標的型サイバー攻撃の多発など需要が拡大し、市場規模は2017年の2,441億円から2022年には2,892億円に拡大すると予測している。

セキュリティアプライアンス市場は、悪質化するサイバー攻撃によるセキュリティ侵害を最小限に抑えレジリエンス(回復力)を高められるソリューションへのニーズが高まり、UTMやIDS/IPSがエンドポイントセキュリティなどの外部脅威対策製品との連携ソリューションで需要が拡大する。一方で、2021年~2022年は、2020年までの需要拡大の反動から需要が軟化するとみており、市場規模は2017年の533億円から2022年には710億円に拡大すると予測している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×