発注書や請求書などを装うメールのダウンローダが検出1位、引き続き注意(キヤノンITS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.16(火)

発注書や請求書などを装うメールのダウンローダが検出1位、引き続き注意(キヤノンITS)

キヤノンITSは、2018年4月のマルウェア検出状況に関するレポートを公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は5月25日、2018年4月のマルウェア検出状況に関するレポートを公開した。これは、同社のマルウェアラボが、国内で利用されているウイルス対策ソフト「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」の2018年4月1日から4月30日におけるマルウェア検出データを分析したもの。

同期間中に検出されたマルウェアの件数上位は、1位がダウンローダ「VBA/TrojanDownloader.Agent」(9.9%)、2位が偽の警告文を表示するスクリプト「HTML/FakeAlert」(9.1%)、3位がマイニングスクリプト「JS/CoinMiner」(6.5%)となった。1位となった「VBA/TrojanDownloader.Agent」は、発注書や請求書等を装ったメールに添付されていることが確認されており、これらのファイルは絶対に開かないよう注意を呼びかけている。

また、Adobe Flash Playerの脆弱性(CVE-2018-4878)を悪用した攻撃も継続している。この攻撃では、脆弱性を悪用するコードを含むMicrosoft Officeファイルを添付したメール経由の拡散の他に、Webサイト経由の拡散が確認されている。これは、ユーザーをエクスプロイトキットが埋め込まれたページに誘導するもので、誘導先でマルウェアがダウンロードされ、実行される。この事例では最終的に、ランサムウェア「GandCrab」をダウンロードすることが確認されている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×