発注書や請求書などを装うメールのダウンローダが検出1位、引き続き注意(キヤノンITS) | ScanNetSecurity
2020.05.28(木)

発注書や請求書などを装うメールのダウンローダが検出1位、引き続き注意(キヤノンITS)

キヤノンITSは、2018年4月のマルウェア検出状況に関するレポートを公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は5月25日、2018年4月のマルウェア検出状況に関するレポートを公開した。これは、同社のマルウェアラボが、国内で利用されているウイルス対策ソフト「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」の2018年4月1日から4月30日におけるマルウェア検出データを分析したもの。

同期間中に検出されたマルウェアの件数上位は、1位がダウンローダ「VBA/TrojanDownloader.Agent」(9.9%)、2位が偽の警告文を表示するスクリプト「HTML/FakeAlert」(9.1%)、3位がマイニングスクリプト「JS/CoinMiner」(6.5%)となった。1位となった「VBA/TrojanDownloader.Agent」は、発注書や請求書等を装ったメールに添付されていることが確認されており、これらのファイルは絶対に開かないよう注意を呼びかけている。

また、Adobe Flash Playerの脆弱性(CVE-2018-4878)を悪用した攻撃も継続している。この攻撃では、脆弱性を悪用するコードを含むMicrosoft Officeファイルを添付したメール経由の拡散の他に、Webサイト経由の拡散が確認されている。これは、ユーザーをエクスプロイトキットが埋め込まれたページに誘導するもので、誘導先でマルウェアがダウンロードされ、実行される。この事例では最終的に、ランサムウェア「GandCrab」をダウンロードすることが確認されている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×