Oracle WebLogic Serverにおけるリモートコード実行の脆弱性を検証(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

Oracle WebLogic Serverにおけるリモートコード実行の脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

NTTデータ先端技術株式会社は5月10日、Oracle WebLogic Serverに含まれるリモートコード実行に関する脆弱性(CVE-2018-2628)に関する検証レポートを公開した。この脆弱性は、4月17日にOracle社により公表されたもの。NSFOCUS Security Teamに所属するLiao Xinxi氏およびセキュリティ研究者loopx9が報告している。

本脆弱性は、WebLogic ServerとJavaプログラム間で情報を伝送するT3プロトコルを使用する環境で、不正なJavaオブジェクトをデシリアライズ処理する際に、適切な処理が行われないことに起因するもの。この脆弱性を悪用することにより、攻撃者は任意にOSコマンドを標的サーバ上で実行できる。

この脆弱性の再現性について、同社の鈴木涼太氏が検証を行った。検証は、CentOS 7.3.1611上のOracle WebLogic Server 11g 10.3.6.0、JDK 1.6.0_45-b06をターゲットシステムとして実施した。概念実証コードの利用のみではコマンドの実行結果の成否の確認がリモートからできないため、標的サーバ上でのOSコマンドの実行結果を確認するために、標的サーバの標準出力を得るスクリプトの実行を試みた。検証の結果、攻撃コードの実行に成功した。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×