ファックス誤送信で患者の個人情報が流出(南和歌山医療センター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

ファックス誤送信で患者の個人情報が流出(南和歌山医療センター)

独立行政法人国立病院機構 南和歌山医療センターは4月23日、ファックス誤送信による個人情報の流出が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
独立行政法人国立病院機構 南和歌山医療センターは4月23日、ファックス誤送信による個人情報の流出が判明したと発表した。

同医療センターでは患者への対応のための情報交換を、連携する近隣の医療機関とファックスで行っているが、今回、患者の氏名が記載された文書を別の医療機関に誤送信したことが判明したとのこと。

なお、誤送信した文書については、誤送信先より回収済みとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×