ジャイアントパンダの観覧券に他の当選者の名前を誤記載(東京都) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

ジャイアントパンダの観覧券に他の当選者の名前を誤記載(東京都)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

東京都は4月27日、恩賜上野動物園の5月3日から6日までのジャイアントパンダの観覧を事前申込・抽選制にし、4月24日に抽選結果を発送したところ入力ミスにより当選結果通知に記載した内容に一部誤りがあったことが判明したと発表した。

これは観覧申込みはがき(往復はがき)の受付、抽選、返信に関わる事務を委託した民間業者が、4月24日に当落の通知を返信はがきにより発送したところ、4月25日16時頃に当選の返信はがきを受け取った申込者から記載事項に誤りがあるとの連絡により判明したというもの。

誤記載の件数は、同行者について他の当選者の同行者の名前(カタカナ表記)を記載したものが207件、代表者・同行者ともに他の当選者の代表者・同行者の名前(カタカナ表記)を記載したものが2件の計209件。なお当選はがき発送数は8,180通とのこと。

誤ったはがきを送付した当選者には電話連絡を行い正しい観覧券を発送済みとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×