水位監視カメラへ不正アクセス、パスワードが変更され制御不能に(八千代市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

水位監視カメラへ不正アクセス、パスワードが変更され制御不能に(八千代市)

千葉県八千代市は4月25日、同市上下水道局で八千代1号幹線沿線の水位状況確認用に水位監視カメラを3台設置しホームページで公開していたが、そのうち2台のカメラへの不正アクセスが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
千葉県八千代市は4月25日、同市上下水道局で八千代1号幹線沿線の水位状況確認用に水位監視カメラを3台設置しホームページで公開していたが、そのうち2台のカメラへの不正アクセスが判明したと発表した。

これは4月24日17時5分頃、第三者がインターネット回線を通じて八千代台北地区と大和田地区に設置した水位監視カメラにアクセスし、画像に日時と「I'm hacked. bye2」の文字を表示するようにしたというもの。

水位監視カメラへの外部からのアクセスにはパスワードを設定していたが解析され、さらに侵入者によりパスワード等が変更された為、同局から水位監視カメラの制御が出来なくなったとのこと。

現在は、水位監視カメラの公開を一時中止し、復旧に向けて関係機関と調整を行っているとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×