WWWメールサービスが不正アクセスされ約36万件の迷惑メールを送信(京都教育大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

WWWメールサービスが不正アクセスされ約36万件の迷惑メールを送信(京都教育大学)

国立大学法人京都教育大学は4月6日、 WWWメールサービスが不正アクセスされ学外へ多量の迷惑メールが送信されたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国立大学法人京都教育大学は4月6日、 WWWメールサービスが不正アクセスされ学外へ多量の迷惑メールが送信されたことが判明したと発表した。

これは2018年2月10日から11日にかけて、同本学が提供するWWWメールサービスの1件のアカウントに対して学外からの不正アクセスが行われ、当該アカウントから学外の約36万件のアドレスに迷惑メ
ールが発信されたというもの。迷惑メールは文面にURL情報を含むフィッシングメールのものだったとのこと。

原因としては、当該アカウントの利用者が、フィッシングメールのリンクをクリックしたことにより認証情報を窃取されて不正アクセスに使用された可能性が高いとのこと。

なお今回不正アクセスされた WWWメールサービスおよび学内の他のサービスからの、個人情報の流出の痕跡はないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×