「Spring Framework」に、リモートOSコマンド実行などの脆弱性(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

「Spring Framework」に、リモートOSコマンド実行などの脆弱性(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「Spring Framework」の脆弱性に関する注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月10日、「Spring Framework」の脆弱性に関する注意喚起を発表した。Spring Frameworkは、Pivotal Softwareが提供する、JavaのWebアプリ開発を行うためのフレームワーク。Pivotal Softwareが4月3日、5日、9日(現地時間)に、Spring Frameworkに関する複数の脆弱性情報を公開したことを受けたもの。

「Spring Framework 5.0 から 5.0.4」および「Spring Framework 4.3 から 4.3.15」には、複数の脆弱性が存在する。また、すでにサポートが終了している過去のバージョンにおいても、同脆弱性の影響を受けるとのこと。これらの脆弱性を悪用されると、実行しているアプリケーションサーバの実行権限で、リモートから任意のOSコマンドが実行されるなどの可能性がある。

JPCERT/CCでは、修正バージョン(Spring Framework 5.0.5およびSpring Framework 4.3.16)が公開されているため、十分なテストを実施の上で適用するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×