IoT製品・サービス開発におけるセキュリティ意識の低さが明らかに(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

IoT製品・サービス開発におけるセキュリティ意識の低さが明らかに(IPA)

IPAは、IoT製品・サービス開発者のセキュリティ対策と意識の調査結果などを公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は3月22日、IoT製品・サービス開発者のセキュリティ対策と意識の調査結果などを公開した。「IoT製品・サービス開発者におけるセキュリティ対策の現状と意識に関する報告書」と、その結果を踏まえ、経営者・管理者向けに、企業が実施すべきIoTの脆弱性対策のポイントを「IoT製品・サービス脆弱性対応ガイド」として公開している。

「IoT製品・サービス開発者におけるセキュリティ対策の現状と意識に関する報告書」は、IoT製品の脆弱性の届出件数の増加を受けたもので、IoT製品開発におけるセキュリティ対策の現状の把握を目的に実施したもの。郵送でのアンケート調査およびヒアリング調査を実施している。

調査では、「製品開発時のセキュリティ基準が設けられていない場合があるのではないか」「開発の各段階においてセキュリティの専門家があまり関与していないのではないか」「検査時において脆弱性検査が行われていない場合があるのではないか」「脆弱性対策が不可能な場合があるのではないか」「製品開発者によってリリースされた脆弱性対策が、顧客側で導入されていない場合があるのではないか」など9つの仮説を立て、これに対しアンケート調査を行っている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×