インターポールとサイバー犯罪情報共有(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.16(火)

インターポールとサイバー犯罪情報共有(ラック)

ラックは、インターポールがシンガポールで運用する組織「IGCI」において、サイバー犯罪にかかわる情報の共有契約を締結したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ラックは3月16日、国際刑事警察機構(インターポール)がシンガポールで運用する組織「The INTERPOL Global Complex for Innovation(IGCI)」において、サイバー犯罪にかかわる情報の共有契約(COOPERATION AGREEMENT ON THE EXCHANGE OF DATA PERTAINING TO CYBERCRIME)を締結したと発表した。

同社はこれまでも、越境サイバー犯罪捜査に関してインターポールが推進する民間企業との連携の枠組みに参画してきたが、今回の契約締結により、従来の情報連携をさらに加速する。同社は、独自に収集したサイバー犯罪に関わる情報を迅速かつ緊密に提供。これにより、同社が蓄積してきたサイバースレットインテリジェンス(サイバー脅威情報)が世界各国のサイバー犯罪捜査に活かされることになる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×