Carbon Black製品をベースにしたNGAV、EDR製品(NTTテクノクロス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

Carbon Black製品をベースにしたNGAV、EDR製品(NTTテクノクロス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NTTテクノクロス株式会社は3月1日、企業内のエンドポイント(ネットワークに繋がっているPCやサーバなどの端末)がランサムウェアや標的型攻撃を受けた際のサポートを提供するエンドポイントセキュリティ対策サービス「TrustShelter/EPP」を4月2日から販売すると発表した。価格は利用環境により異なるため、問い合わせが必要。エンドポイント1台につき1ライセンスが必要で、利用台数は100台以上から、最低利用期間は1年間となる。

エンドポイントのセキュリティ対策として必要となるNGAVとEDRの機能を組み合わせ、オールインワンで提供することで、脅威の検出・防御・封じ込め・調査・復旧をまとめて提供し、非マルウェア攻撃の脅威挙動にも対応する。攻撃を受けた際には、管理画面で端末をネットワークから切断でき、初期対応や復旧までの時間短縮が可能。また、適切な初期設定やアラートの発生状況に応じてポリシーを見直す設定変更などのオプションも用意される。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×