「memcached」が標的と思われるアクセスが増加、アクセス制御を推奨(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

「memcached」が標的と思われるアクセスが増加、アクセス制御を推奨(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「memcached のアクセス制御に関する注意喚起」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月27日、「memcached のアクセス制御に関する注意喚起」を発表した。これは2018年2月21日頃から、11211/udpの通信ポートに対するアクセスが増加していることを、外部組織からの情報提供、およびインターネット定点観測システム(TSUBAME)の観測データから確認しているというもの。

観測されたスキャンは、同通信ポートへのスキャンパケットから、memcachedに対して行われている可能性が考えられ、memcachedの設定によっては意図せずインターネットからアクセス可能な状態になっており、スキャンに応答している可能性があるとしている。このような場合には、攻撃の踏み台にされたり、memcachedが保持する情報へアクセスされたりする可能性がある。

特に 1.2.7 以降のmemcachedをデフォルトの設定で利用している場合、意図せず 11211/tcp および 11211/udp のポートがアクセス可能な状態になっているケースが考えられる。JPCERT/CCでは、memcachedを踏み台として悪用したとみられるDDoS攻撃の報告を受け取っていることから、適切なアクセス制御を実施することを強く推奨している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×