Googleのアメとムチ、Chromeが7月からHTTP接続をさらし者に(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

Googleのアメとムチ、Chromeが7月からHTTP接続をさらし者に(The Register)

Googleのサーチエンジンでは3年前から、暗号化されたHTTPS接続を利用したウェブサイトが、検索結果の上位に優先的に表示されるようになった。

国際 TheRegister
Googleのサーチエンジンでは3年前から、暗号化されたHTTPS接続を利用したウェブサイトが、検索結果の上位に優先的に表示されるようになった。

そのためHTTPS接続でコンテンツを保護するサイトは急増し、昔ながらの安全性の低いHTTPサイトを圧倒するようになった。いわゆる「アメとムチ」の構図になぞらえれば、このサーチエンジンの対応は「アメ」にあたる。セキュリティを確保すれば、見返りとしてより人目につく位置に表示されるからだ。

今年はムチがやってくる。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×