Googleのアメとムチ、Chromeが7月からHTTP接続をさらし者に(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.03(水)

Googleのアメとムチ、Chromeが7月からHTTP接続をさらし者に(The Register)

Googleのサーチエンジンでは3年前から、暗号化されたHTTPS接続を利用したウェブサイトが、検索結果の上位に優先的に表示されるようになった。

国際 TheRegister
Googleのサーチエンジンでは3年前から、暗号化されたHTTPS接続を利用したウェブサイトが、検索結果の上位に優先的に表示されるようになった。

そのためHTTPS接続でコンテンツを保護するサイトは急増し、昔ながらの安全性の低いHTTPサイトを圧倒するようになった。いわゆる「アメとムチ」の構図になぞらえれば、このサーチエンジンの対応は「アメ」にあたる。セキュリティを確保すれば、見返りとしてより人目につく位置に表示されるからだ。

今年はムチがやってくる。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×