DDoS攻撃は横ばい、Webアプリケーション攻撃は微減も総数はともに膨大(アカマイ) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

DDoS攻撃は横ばい、Webアプリケーション攻撃は微減も総数はともに膨大(アカマイ)

アカマイは、2017年第4四半期の「インターネットの現状・セキュリティレポート」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は2月21日、2017年第4四半期の「インターネットの現状・セキュリティレポート」を発表した。前四半期との比較では、DDoS攻撃総数の減少率は1%未満、インフラストラクチャレイヤ(レイヤ3および4)に対する攻撃は1%減少、リフレクションベースの攻撃は3%減少と、ほぼ横ばいとなった。一方で、アプリケーションレイヤに対する攻撃は115%増加しているが、それでもDDoS攻撃全体の1%に満たない。

同四半期、もっともDDoS攻撃のターゲットとなったのはゲーム業界で、DDoS攻撃全体の79%を占めた。金融サービス業界がこれに続いているが、同四半期には1週間で45件の攻撃が発生するなど、アクティビティが増加している。Webアプリケーション攻撃では、攻撃の総数が前四半期から9%減少した。米国で発生した攻撃は2億3,800万件で、前四半期の3億2,300万件からは減少しているが、それでも2位のブラジルより10倍以上の攻撃が発生している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×