JPドメインにおける「送信ドメイン認証技術」の設定状況調査(総務省) | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

JPドメインにおける「送信ドメイン認証技術」の設定状況調査(総務省)

総務省は、JPドメイン名における送信ドメイン認証技術の設定状況の調査について発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
総務省は2月16日、JPドメイン名における送信ドメイン認証技術の設定状況の調査について発表した。同省では、いわゆる「なりすましメール」への技術的対策のひとつである「送信ドメイン認証技術」(SPF、DKIM、DMARC)の導入を推進しており、その一環としてJPドメイン名における送信ドメイン認証技術の設定状況の調査を開始している。

この調査は、同省の業務委託先である一般財団法人日本データ通信協会が、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)と共同研究契約を締結して実施。調査は毎月行い、定期的(通常は半年ごと)に結果を更新する予定。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×