セキュリティ対応の所要時間短縮(ジュニパーネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

セキュリティ対応の所要時間短縮(ジュニパーネットワークス)

ジュニパーネットワークスは、セキュリティ部門の時間節約、運用の簡素化、修復までの時間短縮を支援する、サイバー・セキュリティ・プラットフォームを強化したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ジュニパーネットワークス株式会社は12月21日、セキュリティ部門の時間節約、運用の簡素化、修復までの時間短縮を支援する、サイバー・セキュリティ・プラットフォームを強化したと発表した。統合型の「Software-Defined Secure Networks」(SDSN)プラットフォームの自動化、機械学習、リアルタイムのインテリジェンス機能と組み合わせることにより、脅威を予測するとともに、侵害によるコストを最小限に抑え、企業の保護を支援するというもの。

また、「Security Director」内のポリシー管理を自動化する特許出願中の機能「Dynamic Policy Actions」により、従来は30時間以上かかることもあった攻撃に対する修復ポリシーの作成作業を数分にまで短縮する。環境全体で自動プロビジョンされたメタデータに基づいたエンフォースメント・ポリシーの定義も実現し、ファイアウォールのルール管理に要する時間を80%以上削減するという。

さらに、クラウドで提供している「Sky Advanced Threat Prevention」のオンプレミス版となる新製品「Advanced Threat Prevention Appliance」を提供。脅威の行動可視化と、ワンタッチによる脅威の軽減機能により、インシデントへの対応スピードを加速。平均で2時間を要する修復を10分に短縮するという。このほか、「Security Director」を統合した次世代ファイアウォール「SRX4600」も発表した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×