Android向け多機能トロイの木馬「Loapi」を発見(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

Android向け多機能トロイの木馬「Loapi」を発見(カスペルスキー)

カスペルスキーは、Kaspersky Labのリサーチャーが複数モジュールを搭載するAndroid向けの新しいトロイの木馬「Loapi」を発見したと発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社カスペルスキーは12月19日、Kaspersky Labのリサーチャーが複数モジュールを搭載するAndroid向けの新しいトロイの木馬「Loapi」を発見したと発表した。Kaspersky Labが12月18日に発表したプレスリリースの抄訳として伝えている。Loapiは、モジュール型アーキテクチャにより、暗号通貨の採掘からDDoS攻撃まで、悪意ある多くの機能を実行でき、さらに機能の追加が可能であるという。

アンチウイルス製品や成人向けアプリなどを装った広告キャンペーンによって拡散するLoapiは、インストール完了後にはデバイスの管理者権限を要求し、その後密かに指令サーバとの通信を開始して、そのほかのモジュールをインストールする。

モジュールには、ユーザのデバイスに積極的に広告を表示する「アドウェアモジュール」、テキストメッセージに関するオペレーションを実行する「SMSモジュール」、ユーザに気づかれずに有料サービスに登録する。SMSモジュールがメッセージを非表示にし、Webクローラーモジュールが必要に応じてメッセージに返答し、その後すべての「証拠」を消去する「Webクローラーモジュール」、攻撃者がデバイスに代わってHTTPリクエストを実行できるようにする「プロキシモジュール」、暗号通貨Monero(XMR)の採掘を実行する「Moneroマイナーモジュール」が確認されている。また、複数の自己防衛機能も搭載する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×