Android向け多機能トロイの木馬「Loapi」を発見(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.09.16(木)

Android向け多機能トロイの木馬「Loapi」を発見(カスペルスキー)

カスペルスキーは、Kaspersky Labのリサーチャーが複数モジュールを搭載するAndroid向けの新しいトロイの木馬「Loapi」を発見したと発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社カスペルスキーは12月19日、Kaspersky Labのリサーチャーが複数モジュールを搭載するAndroid向けの新しいトロイの木馬「Loapi」を発見したと発表した。Kaspersky Labが12月18日に発表したプレスリリースの抄訳として伝えている。Loapiは、モジュール型アーキテクチャにより、暗号通貨の採掘からDDoS攻撃まで、悪意ある多くの機能を実行でき、さらに機能の追加が可能であるという。

アンチウイルス製品や成人向けアプリなどを装った広告キャンペーンによって拡散するLoapiは、インストール完了後にはデバイスの管理者権限を要求し、その後密かに指令サーバとの通信を開始して、そのほかのモジュールをインストールする。

モジュールには、ユーザのデバイスに積極的に広告を表示する「アドウェアモジュール」、テキストメッセージに関するオペレーションを実行する「SMSモジュール」、ユーザに気づかれずに有料サービスに登録する。SMSモジュールがメッセージを非表示にし、Webクローラーモジュールが必要に応じてメッセージに返答し、その後すべての「証拠」を消去する「Webクローラーモジュール」、攻撃者がデバイスに代わってHTTPリクエストを実行できるようにする「プロキシモジュール」、暗号通貨Monero(XMR)の採掘を実行する「Moneroマイナーモジュール」が確認されている。また、複数の自己防衛機能も搭載する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×