[セキュリティホットトピック] Microsoft Office「数式エディタ」に危険な脆弱性、最新版Officeにも影響 | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

[セキュリティホットトピック] Microsoft Office「数式エディタ」に危険な脆弱性、最新版Officeにも影響

マイクロソフトの統合アプリケーション「Microsoft Office」に、新たな脆弱性「CVE-2017-11882」が存在することが、11月15日に公表されました。これを受け、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)も注意を呼びかけています。

特集 コラム
マイクロソフトの統合アプリケーション「Microsoft Office」に、新たな脆弱性「CVE-2017-11882」が存在することが、11月15日に公表されました。

これを受け、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)も注意を呼びかけています。

この脆弱性は、Microsoft Officeの付属コンポーネントの1つ「Microsoft 数式エディタ」に存在するバッファオーバーフローの脆弱性で、細工されたOffice文書を閲覧した場合に、任意のコードが実行されてしまう可能性があります。対象となるバージョンは、Microsoft Office 2007(Service Pack 3)、Microsoft Office 2010(Service Pack 2)、Microsoft Office 2013(Service Pack 1)、Microsoft Office 2016の32/64ビット版です。

《冨岡 晶( Akira Tomioka )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×