炎上や自画撮りなど、13歳以上1万人対象のセキュリティ倫理調査(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

炎上や自画撮りなど、13歳以上1万人対象のセキュリティ倫理調査(IPA)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は12月14日、インターネット利用者を対象に実施した「2017年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」および「2017年度 情報セキュリティの倫理に対する意識調査」の報告書を公開した。同調査は、PCおよびスマートデバイス利用者を対象に2005年から毎年行っており、今回で16回目となる。

脅威に対する意識調査では、PCの習熟レベルの差がセキュリティ対策実施率の差に表れた。PCの習熟レベルがもっとも低い層では、Windows Updateなどのセキュリティパッチ更新実施率は21.1%にとどまり(もっとも高い層では81.3%)、そのほか「不審な電子メールの添付ファイルは開かない」(22.9%:64.8%)、「よく知らないWebサイトではファイル(ソフトウェア)をダウンロードしない」(19.6%:60.0%)となっている。

倫理に対する調査では、悪意ある投稿経験者の投稿後の心理で、もっとも多かったのは「気が済んだ、すっとした」で35.6%で、前年比で4.3%増加した。特に10代は45.5%、20代は40.5%と、他の世代より高い傾向が見られた。投稿理由で多かったのは、「人の投稿やコメントを見て不快になったから」(5.7%増)、「いらいらしたから」(6.6%増)であった。さらに、恋人など相手が非常に近しい間柄であれば、「自身の性的な姿を撮影した写真や動画」をSNSで共有しても構わないと考えるスマートデバイス利用者は7.4%、PC利用者で5.3%となった。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×