工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第12回「社長面談」 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第12回「社長面談」

問題は解けないように見えるが、オレはなんとなく足りないピースが見えてきていた。それがはっきりすれば犯人を特定できる。

特集 コラム
>>前回

その後、オレは社長にいくつか質問をして山岡からの情報を確認した。齟齬はなかった。山岡の情報を確認した方がいいと感じたのは杞憂だったようだ。まっとうなヤツらしい。

社長はオレのため口を気にする様子もなく答えてくれる。思ったよりも人物ができているようだ。人物ができてて、金儲けがうまく、違法行為に躊躇しない連中はオレのいい顧客になる。大事にしよう。

「それで……今回は身代金を支払わなくてもすみそうでしょうか?」

オレの質問が一段落すると社長から訊かれた。隠し金を億単位で持っているんだから、百万円くらいどうでもいいだろと思ったが、こういうタイプの苦労人は百円にもこだわることがある。社長がなんらかの理由で、自分で犯行を計画した可能性も考えたが、そうでもなさそうだ。アリバイもあるし、除外できるだろう。

「そのつもりではいるけど、まだなんとも言えない」

「まんがいちの時には私の個人口座から支払うつもりなので、いろいろ心配です。Bitcoinを使うのも初めてです」

「広がっているとはいえ、日本でBitcoinを使っている人はそんなに多いわけじゃないもんな。社長は使うつもりなんだ」

「Bitcoinの電子財布をインストールしましたよ。ちょっと使ってみましたが、おもしろいものですね」

「もうインストールしたんだ。なんというアプリを使ってる?」

《一田 和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×