国内IoTセキュリティ市場、2016年の518億円から2021年には1,250億円(IDC Japan) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.16(火)

国内IoTセキュリティ市場、2016年の518億円から2021年には1,250億円(IDC Japan)

IDC Japanは、国内IoTセキュリティ市場の2017年~2021年の予測を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
IDC Japan株式会社は11月6日、国内IoTセキュリティ市場の2017年~2021年の予測を発表した。同社では、IoT環境におけるセキュリティ対策製品市場をハードウェア製品とソフトウェア製品の2つの製品セグメントに分類し、市場規模算出・市場予測を行っている。

同市場は、2016年は518億円(前年比27.5%増)となり、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は19.3%、2021年には1,250億円に拡大すると予測している。現状では、製造機械の稼働状況の把握や遠隔制御などを目的としたユースケースが非常に多くを占めており、製造工場内ネットワークや遠隔制御用ネットワークなどに対するネットワークセキュリティアプライアンス製品の導入が先行している。

ハードウェアは、今後はセンサー・モジュールに組み込まれたセキュリティハードウェアモジュールの導入が進むとIDCはみている。また、ソフトウェア製品では、あらゆる産業セクターのさまざまなユースケースにおいて、支出が加速していくとIDCではみている。たとえば、製造・資源セクターにおいて、既存のオンプレミスで運用していたIoTの利用環境のクラウド移行や、新規にIoTクラウドプラットフォームを導入するケースが2017年から2019年にかけて進むと見ている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×