国内IoTセキュリティ市場、2016年の518億円から2021年には1,250億円(IDC Japan) | ScanNetSecurity
2022.01.25(火)

国内IoTセキュリティ市場、2016年の518億円から2021年には1,250億円(IDC Japan)

IDC Japanは、国内IoTセキュリティ市場の2017年~2021年の予測を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
IDC Japan株式会社は11月6日、国内IoTセキュリティ市場の2017年~2021年の予測を発表した。同社では、IoT環境におけるセキュリティ対策製品市場をハードウェア製品とソフトウェア製品の2つの製品セグメントに分類し、市場規模算出・市場予測を行っている。

同市場は、2016年は518億円(前年比27.5%増)となり、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は19.3%、2021年には1,250億円に拡大すると予測している。現状では、製造機械の稼働状況の把握や遠隔制御などを目的としたユースケースが非常に多くを占めており、製造工場内ネットワークや遠隔制御用ネットワークなどに対するネットワークセキュリティアプライアンス製品の導入が先行している。

ハードウェアは、今後はセンサー・モジュールに組み込まれたセキュリティハードウェアモジュールの導入が進むとIDCはみている。また、ソフトウェア製品では、あらゆる産業セクターのさまざまなユースケースにおいて、支出が加速していくとIDCではみている。たとえば、製造・資源セクターにおいて、既存のオンプレミスで運用していたIoTの利用環境のクラウド移行や、新規にIoTクラウドプラットフォームを導入するケースが2017年から2019年にかけて進むと見ている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×