「セキュアIoTプラットフォーム」の推進へ資本参加、役員も派遣(ラック、サイバートラスト) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

「セキュアIoTプラットフォーム」の推進へ資本参加、役員も派遣(ラック、サイバートラスト)

ラックは、サイバートラストが推進する、IoT統合管理基盤「セキュアIoTプラットフォーム」の普及および自社サービスとの連携に向けて、サイバートラストへ資本参加すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ラックは10月24日、サイバートラスト株式会社が推進する、IoT統合管理基盤「セキュアIoTプラットフォーム」の普及および自社サービスとの連携に向けて、サイバートラストへ資本参加すると発表した。また、ラックより1名の役員を派遣し、連携を強化する。同プラットフォームは、国内のデーターセンターによる公開鍵基盤により、多角的な認証による真正性や、暗号化による機密性の確保、電子署名による改ざん防止・完全性を、一括したシステム基盤として提供するサービス。

ラックは、サイバートラストの同プラットフォーム構想に共感し、ラックが持つ知見とサービスの連携で、さらに安全性、信頼性を高めた「セキュアIoTプラットフォーム」が実現できるよう、サイバートラストへの資本参加を決定した。出資比率は6.34%(1,120株)。また、ラックの取締役常務執行役員である齋藤理(さいとう・おさむ)氏が、サイバートラストの取締役に就任する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×