「セキュアIoTプラットフォーム」の推進へ資本参加、役員も派遣(ラック、サイバートラスト) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

「セキュアIoTプラットフォーム」の推進へ資本参加、役員も派遣(ラック、サイバートラスト)

ラックは、サイバートラストが推進する、IoT統合管理基盤「セキュアIoTプラットフォーム」の普及および自社サービスとの連携に向けて、サイバートラストへ資本参加すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ラックは10月24日、サイバートラスト株式会社が推進する、IoT統合管理基盤「セキュアIoTプラットフォーム」の普及および自社サービスとの連携に向けて、サイバートラストへ資本参加すると発表した。また、ラックより1名の役員を派遣し、連携を強化する。同プラットフォームは、国内のデーターセンターによる公開鍵基盤により、多角的な認証による真正性や、暗号化による機密性の確保、電子署名による改ざん防止・完全性を、一括したシステム基盤として提供するサービス。

ラックは、サイバートラストの同プラットフォーム構想に共感し、ラックが持つ知見とサービスの連携で、さらに安全性、信頼性を高めた「セキュアIoTプラットフォーム」が実現できるよう、サイバートラストへの資本参加を決定した。出資比率は6.34%(1,120株)。また、ラックの取締役常務執行役員である齋藤理(さいとう・おさむ)氏が、サイバートラストの取締役に就任する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×