スーパーフードの通販サイトでカード情報が流出、サイトは停止せず対策(フルッタフルッタ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.16(火)

スーパーフードの通販サイトでカード情報が流出、サイトは停止せず対策(フルッタフルッタ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社フルッタフルッタは10月5日、「不正アクセスによるクレジットカード情報流出に関するお詫びとご報告」を発表した。これは、同社が運営する公式通販サイト「フルッタフルッタ オンラインショップ」のWebサーバに外部から不正アクセスがあり、利用者のクレジットカード情報が一部流出した可能性があるとして、同サイトでのクレジットカード決済の利用を停止したというもの。

これは、7月19日にクレジットカード決済代行会社より指摘があったことが端緒となり、外部の専門会社に調査を依頼、8月31日に最終調査報告書を受領したという。調査の結果、2017年4月17日から7月31日の間に同サイトにおいてクレジットカード決済を行った、最大627名の情報が漏えいした可能性がある。漏えいした可能性のある情報は、「会員氏名」「カード番号」「カード有効期限」「セキュリティコード」。

同社では、クレジットカード決済代行会社が提供するリンク型システムへの移行を決定しており、Web改ざん検知サービスを導入したとしており、10月末の新システムの完成まで、クレジットカードによる決済を停止する。発覚から現在まで通販サイトそのものは停止していないとみられる。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×