バラクーダの既存ユーザ向けに、クラウドサンドボックスを提供(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

バラクーダの既存ユーザ向けに、クラウドサンドボックスを提供(マクニカネットワークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マクニカネットワークス株式会社は9月29日、米Barracuda Networks社製の「Barracuda Advanced Threat Protection(BATP)」を、「Barracuda Email Security Gateway」の既存顧客向けに提供を開始したと発表した。BATPは、ランサムウェアなどの既知および未知の高度な脅威をリアルタイムに検知・防御するサンドボックスの機能を提供するクラウドサービス。

Barracuda Email Security Gateway(旧称:Barracuda Spam Firewall PLUS)は、スパム・ウイルス対策専用アプライアンス。これにBATPを追加することで、高度なマルウェアやランサムウェアの亜種なども検出することが可能になる。具体的には、受信メールの添付ファイルをクラウド環境でスキャンし、問題があった場合にはメールを隔離する。マクニカネットワークスでは既存ユーザに対し、BATPの30日間評価版および導入サポートを提供する。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×