クラウド環境のアプリケーショントラフィックを可視化、脅威から保護(ジュニパーネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

クラウド環境のアプリケーショントラフィックを可視化、脅威から保護(ジュニパーネットワークス)

ジュニパーネットワークスは、新たなセキュリティおよびマイクロセグメンテーション・ソリューション「Juniper Contrail Security」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ジュニパーネットワークス株式会社は9月14日、新たなセキュリティおよびマイクロセグメンテーション・ソリューション「Juniper Contrail Security」を発表した。同ソリューションは、内部の脅威拡散を抑止する動的なポリシーエンフォースメントと、アプリケーション・トラフィックの自動検出により、あらゆるクラウド環境で稼働するアプリケーションのリスク軽減を支援するもの。

一貫性のあるインテントベースのポリシーにより、さまざまなクラウド環境にわたってスマートなマイクロ・セグメンテーションを実現するほか、複数のエンフォースメント・ポイントによる防御のオーケストレーションを行い、アプリケーションを脅威から守る。また、ハイブリッドクラウド環境全体にわたるアプリケーション・トラフィックの可視性およびアナリティクスを実現。機械学習を活用した異常の検出、および対応機能も提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×