サイバー攻撃対応の総合訓練・検証施設を開設、重要インフラ向けに訓練サービス(日立) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

サイバー攻撃対応の総合訓練・検証施設を開設、重要インフラ向けに訓練サービス(日立)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社日立製作所(日立)は8月29日、サイバー攻撃対応のための総合訓練・検証施設を開設、重要インフラ事業者向けのサイバー防衛訓練サービスを8月30日より提供開始すると発表した。日立の大みか事業所内に開設した総合訓練・検証施設では、実際のインフラシステムに近い環境を実装するとともに、サイバー攻撃に対するBCP策定のためのノウハウを整備した。

重要インフラ事業者向けのサイバー防衛訓練サービスは、第1弾として電力事業者を対象に、顧客の実システムを模したシステム環境を施設内に構築し、システム監視や指揮命令を行う関連部門の組織訓練を目的としたプログラムと、サイバー攻撃に備えた実践的な運用手順の検証や、セキュリティ製品の評価ができるサービスを提供する。2018年を目途に、サイバージムの訓練ノウハウを具備したサービスを提供する予定だという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×