これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

7 月 26 日、27 日(現地時間)に、Black Hat USA 2017 が米ラスベガスで開催された。開催 20 周年となる今回の基調講演では、同イベントの創設者ジェフ・モスが開会の挨拶で、 Black Hat のこれまでの 20 年を振り返り、これからの 20 年を展望するスピーチを行った。

●社会と技術のバランス

20年前、Black Hat カンファレンスは、それに先立って成立したハッカーカンファレンス DEF CON を母体として、よりフォーマルなビジネス寄りのイベントがあってもいいのでは、というモス氏の呼びかけで始まった。

開催初期は、基調講演に誰を呼ぶか、どんなイベントにするか苦労したといい、Microsoft や Novell の知人に声をかけたりしながら、どんなカンファレンスにするか試行錯誤したという。しかし、ひとつだけ彼が明確に決めていたことは「絶対 DEF CON と同じホテルにはしない」ということだったと語り、この発言に会場からは笑いと拍手が沸き起こった。

20 年続いてきた Black Hatの成功要因について同氏は「よいカンファレンスは必ず技術と社会性(ソーシャル)がバランスよく結びついている。 Black Hat はまさにそういうカンファレンスだ」と分析した。そして、技術と社会性のバランスは、セキュリティのこれからの 20 年を考える上でも欠かせない要素だという。

《中尾 真二》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×