[セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

[セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

特集 コラム

今年の5月中旬、ランサムウェア「WannaCry」(別名:WannaCrypt、Wcryなど)による世界的な被害が発生したのは、記憶に新しいところです。6月末から7月上旬にかけても、再びランサムウェアの大規模感染が確認されました。今回新たに観測されたのは、「Petya(ペトヤ/ペチャ)」と呼ばれるマルウェアの亜種(通称「GoldenEye」)による攻撃です。

情報処理推進機構(IPA)の発表によると、このPetya亜種は、PC内データ暗号化の機能、OSの読み込み領域を書き換えPCをロックする機能、ネットワーク内PCに感染する機能などを持った、強力なランサムウェアであることが判明しています。感染拡大のため「WannaCry」で悪用された脆弱性「MS17-010」を採り入れるなど、最新動向にも対応しています。6月27日(現地時間)から、欧州を中心に深刻な被害が発生しました。

《冨岡 晶( Akira Tomioka )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×