衛星経由で船舶向けメールサービスを提供するソフトウェアに複数の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.06.04(木)

衛星経由で船舶向けメールサービスを提供するソフトウェアに複数の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Inmarsat Solutionsが提供する衛星ネットワークを使用して船舶向けメールサービスを提供するソフトウェア「Inmarsat AmosConnect 8 ソフトウエア」に複数の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月24日、Inmarsat Solutionsが提供する衛星ネットワークを使用して船舶向けメールサービスを提供するソフトウェア「Inmarsat AmosConnect 8 ソフトウエア」に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

「Inmarsat AmosConnect 8 ソフトウエア」には、ログインフォームにブラインドSQLインジェクションの脆弱性(CVE-2017-3221)、認証情報がハードコードされている脆弱性(CVE-2017-3222)が存在する。これらの脆弱性が悪用されると、データベースにある情報の取得や任意のコマンドを実行されるなどの影響を受ける可能性がある。JVNでは、同ソフトウェアのサポートは終了しており、詳細はカスタマーサービスに問い合わせるよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×