DDoS緩和およびWAFのクラウドサービスに、JSOCが対応するMSSを提供(ラック、アカマイ) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

DDoS緩和およびWAFのクラウドサービスに、JSOCが対応するMSSを提供(ラック、アカマイ)

ラックは、アカマイのクラウドセキュリティソリューション「KSD」に対応した「MSS for Akamai KSD」および「POS for Akamai KSD」の提供を10月1日より開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは7月19日、アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)のクラウドセキュリティソリューション「Kona Site Defender(KSD)」に対応した「MSS(Managed Security Service) for Akamai KSD」および「POS(Policy Optimization Service)for Akamai KSD」の提供を10月1日より開始すると発表した。これは、1月26日に結ばれた戦略的パートナー契約に基づくもので、増加するWebサイトへのサイバー攻撃に対抗することを目的としている。日本のセキュリティ監視サービス事業者が、アカマイのKSDにMSSサービスを提供するのは国内初となる。

KSDは、DDoS攻撃やWebの脆弱性を悪用した攻撃を防ぐため、同社が運営するコンテンツ配信ネットワーク基盤を活用したDDoS緩和およびWebアプリケーションファイアウォール(WAF)機能をクラウドサービスとして提供するもの。「MSS for Akamai KSD」は、JSOCのアナリストが24時間365日、サイバー攻撃のセキュリティ監視と緊急対応、セキュリティポリシー運用など、KSDの運用に必要な全ての機能を提供するもので、このうちWebサイト保護のためのセキュリティポリシーの運用に特化した機能を提供するものが「POS for Akamai KSD」となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×