「アタッシェケース」で作成された暗号化ファイルに任意コード実行の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.07.23(日)

「アタッシェケース」で作成された暗号化ファイルに任意コード実行の脆弱性(JVN)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月14日、HiBARA Softwareが提供するオープンソースのファイル暗号化ソフト「アタッシェケース」で作成された自己実行可能形式の暗号化ファイルにDLL読み込みに関する脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3による最大Base Scoreは7.8。橘総合研究所の英利雅美氏が報告を行った。

「アタッシェケース ver.2.8.3.0 およびそれ以前(CVE-2017-2271)」「アタッシェケース ver.3.2.2.6 およびそれ以前(CVE-2017-2272)」で作成された自己実行可能形式の暗号化ファイルには、DLLを読み込む際の検索パスが原因で、意図しないDLLを読み込んでしまう脆弱性が存在する。この脆弱性が悪用されると、自己実行可能形式の暗号化ファイルを実行している権限で、任意のコードを実行される可能性がある。JVNでは、脆弱性による影響を軽減するためのワークアラウンドを複数紹介している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. DDoS 攻撃対処3つの目線 ~ 情シス、ISP/IDC、BGP運用者

    DDoS 攻撃対処3つの目線 ~ 情シス、ISP/IDC、BGP運用者

  2. 暗号化を行わない「WannaCry」亜種に感染したPCによるアクセスが増加(警察庁)

    暗号化を行わない「WannaCry」亜種に感染したPCによるアクセスが増加(警察庁)

  3. 「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

    「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  4. 「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  5. 複数のセキュリティ製品に脆弱性、トレンドマイクロが自ら報告(JVN)

  6. 中国の「APT10」、日本の官公庁や製造業、メディアなどを狙う攻撃が活発化(ファイア・アイ)

  7. グローバルIPアドレスが割り振られているPCやサーバなどの対策を呼びかけ(JPCERT/CC)

  8. Microsoft Windows OS における fodhelper.exe を用いて UAC による制限を回避する手法(Scan Tech Report)

  9. 欧州で被害が確認された「Petya」など、ランサムウェアの新種や亜種に注意(JPCERT/CC)

  10. BIND 9.xにTSIG認証を迂回される緊急の脆弱性、バージョンアップを推奨(JPRS)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×