端末の情報を自動収集しクラウド上で分析、マルウェアの活動状況を可視化(セキュアブレイン) | ScanNetSecurity
2021.07.31(土)

端末の情報を自動収集しクラウド上で分析、マルウェアの活動状況を可視化(セキュアブレイン)

セキュアブレインは、米Outlier Security社が提供する、端末へインストールすることなく社内ネットワークのマルウェア感染を監査できるフォレンジックツール「Outlier(アウトライア)」の日本国内での販売を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社セキュアブレインは7月11日、米Outlier Security社が提供する、端末へインストールすることなく社内ネットワークのマルウェア感染を監査できるフォレンジックツール「Outlier(アウトライア)」の日本国内での販売を同日より開始したと発表した。クライアントはWindows、macOS、Linuxに対応。年間ライセンス費は、50ユーザで400,000円(税別)から。

同ツールは、管理者のスキャン実施の命令により、データ収集サーバ(Data Vault)が端末のデータを収集、Outlier社が運用するクラウド上のポータルサーバで分析を行い、検知レポートを送信する。これにより、マルウェアの活動状況を把握し、必要な対策を実施できる。解析する時間や回数は自由に設定でき、解析結果をグラフィカルに可視化し、レポートの自動生成も可能。管理コンソールやレポートは日本語に対応する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×