端末の情報を自動収集しクラウド上で分析、マルウェアの活動状況を可視化(セキュアブレイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.14(水)

端末の情報を自動収集しクラウド上で分析、マルウェアの活動状況を可視化(セキュアブレイン)

セキュアブレインは、米Outlier Security社が提供する、端末へインストールすることなく社内ネットワークのマルウェア感染を監査できるフォレンジックツール「Outlier(アウトライア)」の日本国内での販売を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社セキュアブレインは7月11日、米Outlier Security社が提供する、端末へインストールすることなく社内ネットワークのマルウェア感染を監査できるフォレンジックツール「Outlier(アウトライア)」の日本国内での販売を同日より開始したと発表した。クライアントはWindows、macOS、Linuxに対応。年間ライセンス費は、50ユーザで400,000円(税別)から。

同ツールは、管理者のスキャン実施の命令により、データ収集サーバ(Data Vault)が端末のデータを収集、Outlier社が運用するクラウド上のポータルサーバで分析を行い、検知レポートを送信する。これにより、マルウェアの活動状況を把握し、必要な対策を実施できる。解析する時間や回数は自由に設定でき、解析結果をグラフィカルに可視化し、レポートの自動生成も可能。管理コンソールやレポートは日本語に対応する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×