スイッチ製品制御ソフトを製品化、感染端末の通信の自動遮断などを可能に(アラクサラ) | ScanNetSecurity
2021.11.28(日)

スイッチ製品制御ソフトを製品化、感染端末の通信の自動遮断などを可能に(アラクサラ)

アラクサラは、トレンドマイクロのセキュリティ製品「TMPM」、および「DDI」との連携により、サイバー攻撃自動防御ソリューションの強化を行うと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アラクサラネットワークス株式会社(アラクサラ)は6月1日、トレンドマイクロ株式会社のセキュリティ製品「Trend Micro Policy Manager(TMPM)」、および「Deep Discovery Inspector(DDI)」との連携により、サイバー攻撃自動防御ソリューションの強化を行うと発表した。アラクサラでは、スイッチ製品の制御を行うソフトウェア「AX-Security-Controller(AX-SC)」を製品化し、これらの連携動作を可能にする。予定標準価格は400,000円から(税抜)。

この連携によって、マルウェアに感染した端末を検出し、感染端末の通信を自動的に遮断することが可能になる。また、リモートミラーリング機能により、セキュリティ製品が直接接続していない、エッジスイッチ上の端末間通信の監視も実現。これにより、感染端末からの探索行為や感染拡大の活動も監視でき、セキュリティ製品での検知率の向上が期待できるとしている。今後アラクサラは、サイバー攻撃自動防御ソリューションで連携するセキュリティ製品を順次拡大していく予定だという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×