OKIがSOC事業に参入、7月より運用監視サービスを提供(OKI) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

OKIがSOC事業に参入、7月より運用監視サービスを提供(OKI)

OKIは、サイバーセキュリティサービス「EXaaSマネージドセキュリティサービス」を販売開始したと発表した。また、同サービスを拡張し、24時間365日体制のSOCサービス「セキュリティ運用監視サービス」を7月1日から提供する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
沖電気工業株式会社(OKI)は5月24日、サイバーセキュリティサービス「EXaaSマネージドセキュリティサービス」を同日より販売開始したと発表した。また、同サービスを拡張し、24時間365日体制のSOC(Security Operation Center)サービス「セキュリティ運用監視サービス」を7月1日から提供する。コンサルティングおよび構築は個別見積り、セキュリティ運用監視サービスは月額400,000円(税別)から。同社は3年間で100億円の販売を目標としている。

EXaaSマネージドセキュリティサービスは、コンサルティング、設計・構築、保守・運用のセキュリティサイクルをトータルにマネジメントすることが可能となるもの。マネジメントサイクルを回すことで最適化を図ることもできる。また、現状のセキュリティ防御対策状況を分析し、最適なセキュリティ構築を提案する。セキュリティ運用監視サービスは、EXaaS基盤を拡張したSOCサービス。セキュリティ運用負荷を軽減するとともに、最新の知見によるセキュリティ監視を提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×