DDoS攻撃は沈静化の動き、一方で新たなリフレクション攻撃も確認(アカマイ) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

DDoS攻撃は沈静化の動き、一方で新たなリフレクション攻撃も確認(アカマイ)

アカマイは、2017年第1四半期の「インターネットの現状・セキュリティレポート」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は5月23日、2017年第1四半期の「インターネットの現状・セキュリティレポート」を発表した。レポートによると、アカマイは同四半期に3,174件のDDoS攻撃を緩和したという。前年同四半期との比較では、DDoS攻撃は30%、インフラレイヤ(レイヤ3、4)への攻撃は28%と減少している。一方で、Webアプリケーションの攻撃総数は35%増加、米国を攻撃元とする攻撃が57%増加している。SQLインジェクション攻撃は28%の増加となっている。

また同四半期には、100Gbpsを超えるDDoS攻撃が2件発生しており、前年同四半期から89%減少した。また、同四半期の平均は0.5Gbpsにとどまり、前四半期の4Gbpsから大きく減少している。またレポートでは、新しいリフレクション攻撃ベクトルのCLDAP(Connectionless Lightweight Directory Access Protocol)が発見され、DDoS 攻撃を生成することが観測されたことを挙げている。このほとんどの攻撃が1Gbpsを超えており、DNSリフレクションに匹敵するという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×