詐欺サイト検知数は20%台で減少が続く、家紋制作を請け負う新手口も確認(BBソフトサービス) | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

詐欺サイト検知数は20%台で減少が続く、家紋制作を請け負う新手口も確認(BBソフトサービス)

BBソフトサービスは、「インターネット詐欺リポート(2017年3月度)」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
BBソフトサービス株式会社は4月27日、「インターネット詐欺リポート(2017年3月度)」を発表した。本レポートは、同社の「Internet SagiWall」が検出・収集した危険性の高いネット詐欺サイトの数やカテゴリーなどを分析したもの。これによると、3月のインターネット詐欺サイトの検知数は804,655件で、前月より24.2%減少した。

内訳は、ワンクリック・不当請求詐欺サイトが82.16%、フィッシング詐欺サイトが15.90%、マルウェア感染サイトが0.57%、ボーガスウェア配布サイトが1.05%、ぜい弱性悪用サイトが0.32%を占めていた。OSごとのネット詐欺種類別検知率では、ワンクリック・不当請求詐欺サイトの割合がWindowsで23.47%、Androidで85.24%、iOSで82.10%となっている。

また3月度は、家紋を持っていない家庭向けにオリジナル家紋を請負にて作成する新しい手口の偽販売サイトを検知した。一般的な偽販売サイトは商品の販売のみを装うが、確認された手口では苗字の書体とオリジナルの家紋をデザインした額縁入りプレートの制作を請け負うというものだった。日本固有の文化への関心の高さからこのような詐欺サイトが出てきたのではないかと推測している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×