情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場は1千億円に迫る(ミック経済研究所) | ScanNetSecurity
2022.01.23(日)

情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場は1千億円に迫る(ミック経済研究所)

ミック経済研究所は、「情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望2017」を発刊したと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社ミック経済研究所は4月25日、「情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望2017」を発刊したと発表した。価格は190,000円(税別)。これによると、2016年度の同市場は前年対比116.5%の838.1億円、2017年度も前年対比117.8%で987.3億円と高成長が続くと予測している。

また、セキュリティ監視・運用サービスは市場の40%強を占め、大きく拡大している。この背景には、サイバー攻撃の多様化・高度化によってその検知、解析も非常に高度な専門性が必要とされること。そして新たな標的型攻撃対策アプライアンスサーバなど、次々と登場するセキュリティ機器はユーザー自社での運用が難しいといったニーズがあるとしている。

さらに、Webアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃やDDoS攻撃などが増加していることを受け、クラウド型WAFサービスの需要が年率60%増と、大きな成長を示している。参入ベンダも相次いでおり、今後も大きな成長が見込める市場であるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×