情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場は1千億円に迫る(ミック経済研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.14(水)

情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場は1千億円に迫る(ミック経済研究所)

ミック経済研究所は、「情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望2017」を発刊したと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社ミック経済研究所は4月25日、「情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望2017」を発刊したと発表した。価格は190,000円(税別)。これによると、2016年度の同市場は前年対比116.5%の838.1億円、2017年度も前年対比117.8%で987.3億円と高成長が続くと予測している。

また、セキュリティ監視・運用サービスは市場の40%強を占め、大きく拡大している。この背景には、サイバー攻撃の多様化・高度化によってその検知、解析も非常に高度な専門性が必要とされること。そして新たな標的型攻撃対策アプライアンスサーバなど、次々と登場するセキュリティ機器はユーザー自社での運用が難しいといったニーズがあるとしている。

さらに、Webアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃やDDoS攻撃などが増加していることを受け、クラウド型WAFサービスの需要が年率60%増と、大きな成長を示している。参入ベンダも相次いでおり、今後も大きな成長が見込める市場であるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×