LINE が取り組む 10 のセキュリティ対策…インフラは? アプリ開発は? 乗っ取り対策は? | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.16(日)

LINE が取り組む 10 のセキュリティ対策…インフラは? アプリ開発は? 乗っ取り対策は?

今春開催されたカンファレンスで「LINEがセキュリティの為に取り組んでいる10のこと」というセッションが行われた。スピーカーは、LINE セキュリティ室 アプリケーションセキュリティチーム マネージャー 市原尚久氏だ。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
今春開催された「Security Days Tokyo Spring 2017」において、「LINEがセキュリティの為に取り組んでいる10のこと」というセッションが行われた。スピーカーは、LINE セキュリティ室 アプリケーションセキュリティチーム マネージャー 市原尚久氏だ。

2016年にスタートしたLINEのサービスは、いまやメッセージ交換だけでなく、娯楽や生活の中に浸透している。ビジネス面でも、企業がチャットBOTやビーコンを使ったサービスを集客、サポート、マーケティングに活用したり、LINE mobileやLINE Payといった社会インフラにかかわる事業も手掛けている。

その一方で、初期のころは青少年が犯罪に巻き込まれたり、現在でもアカウントの乗っ取りなど、セキュリティにかかわる問題との対峙も避けられない。LINEではどのような対策に取り組んでいるのだろうか。

《中尾 真二》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×