「Apache Struts2」に任意コード実行の脆弱性、至急の対策を呼びかけ(IPA) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

「Apache Struts2」に任意コード実行の脆弱性、至急の対策を呼びかけ(IPA)

IPAは、「Apache Struts2」の脆弱性対策について注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は3月8日、「Apache Struts2」の脆弱性対策について注意喚起を発表した。Apache Strutsは、Apache Software Foundationが提供する、JavaのWebアプリケーションを作成するためのソフトウェアフレームワーク。Apache Struts 2には、「Jakarta Multipart parser」のファイルアップロード処理に起因する、リモートで任意のコードが実行される脆弱性(CVE-2017-5638)が存在する。

影響を受けるバージョンは、「Apache Struts 2.3.5 から 2.3.31」および「Apache Struts 2.5 から 2.5.10」で、Apache Struts 1 への影響は現在のところ不明としている。Apache Software Foundationは、同脆弱性を修正した最新版「Apache Struts 2.3.32」および「2.5.10.1」を公開している。IPAでは、同脆弱性を悪用する攻撃コードおよび攻撃コードを用いたと思われる通信や被害が発生したとの情報が確認されているため、対策済みのバージョンへのアップデートや回避策を至急実施するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×