[Security Days Spring 2017 インタビュー] IoTを含む百万以上のエンドポイントを可視化し、脅威を自動的に検出し封じ込める「ForeScout CounterACT」(フォアスカウト・テクノロジーズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

[Security Days Spring 2017 インタビュー] IoTを含む百万以上のエンドポイントを可視化し、脅威を自動的に検出し封じ込める「ForeScout CounterACT」(フォアスカウト・テクノロジーズ)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

3月8日からの3日間は東京で、3月16日には大阪にて開催される「Security Days Spring 2017」。国内外のセキュリティベンダーによるセミナー中心のイベントで、多くの企業や専門家が最新知見の講演を行う。

数十万台規模の端末管理を実現するネットワーク接続制御ソリューション「ForeScout CounterACT」は、IoT端末のセキュリティ管理手段として改めてその実力を評価されている。フォアスカウト・テクノロジーズ株式会社(以下、フォアスカウト)リージョナル・ディレクターの吉本努氏に、同製品の特徴と講演の見どころなどについて話を聞いた。


――まずは会社について教えてください。

フォアスカウトは2000年に設立され、米国に本社がある、グロバールに展開している企業です。2002年より製品出荷を開始し、2006年にエージェントレスNACソリューション「ForeScout CounterACT」をリリースし、現在ではエージェントレスサイバーセキュリティソリューションが主力製品となっています。

「ForeScout CounterACT」は、グローバルで2,000社以上の導入実績があり、エンドポイントデバイスの総数が2,400万台以上という導入実績もあります。グローバルでの主な導入先は、政府系、金融機関、ヘルスケアなど。日本では業種に偏らず、政府系、製造業や教育機関にも導入いただいています。

「ForeScout CounterACT」は、大量のエンドポイントデバイスを持つ組織に適応できることは最大の特徴のひとつです。一般的に、組織内のエンドポイントの総数は、資産管理ツールやActiveDirectlyで管理しているもの、ネットワーク内に存在するものの把握できていないデバイスをあわせては、業員数の3.5倍あるといわれています。これらにはノン・ユーザー端末と呼ばれるプリンタやカメラ、プロジェクターなどのIP化された機器が含まれ、今後ここにIoT機器が加わることが予想されますが、サイバー攻撃に悪用されると大きな脅威になる可能性があります。

――「ForeScout CounterACT」の機能について教えてください。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

    2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

  2. 米メールセキュリティ企業が提供するBEC対策 (日本プルーフポイント) [ Email Security Conference 2017インタビュー]

    米メールセキュリティ企業が提供するBEC対策 (日本プルーフポイント) [ Email Security Conference 2017インタビュー]

  3. 超音波サイバー攻撃技術「ソニックガン」、中国ハッカーが公表

    超音波サイバー攻撃技術「ソニックガン」、中国ハッカーが公表

  4. 井之上PR社長 鈴木孝徳のセキュリティ事故発生時の記者会見「べからず集」

  5. 総務省の「自治体情報システム強靱性向上」、その成果と新たな課題

  6. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第1回「インシデント対応ハンズオン2017」について語る

  7. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第2回「今求められるSOC、CSIRTの姿とは~世界の攻撃者をOMOTENASHIしないために~」について語る

  8. 最も大事なものはすでに盗まれている(Niサイバーセキュリティ)[Security Days 2017 インタビュー]

  9. ラグビー山田選手がJSOCの一日センター長に、情報モラルの親子勉強会も(ラック)

  10. デロイト丸山満彦の危機管理広報論~セキュリティインシデント発生後のマスコミ対応ポイント

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×