[Security Days Spring 2017 インタビュー] IoTを含む百万以上のエンドポイントを可視化し、脅威を自動的に検出し封じ込める「ForeScout CounterACT」(フォアスカウト・テクノロジーズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.06.29(木)

[Security Days Spring 2017 インタビュー] IoTを含む百万以上のエンドポイントを可視化し、脅威を自動的に検出し封じ込める「ForeScout CounterACT」(フォアスカウト・テクノロジーズ)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

3月8日からの3日間は東京で、3月16日には大阪にて開催される「Security Days Spring 2017」。国内外のセキュリティベンダーによるセミナー中心のイベントで、多くの企業や専門家が最新知見の講演を行う。

数十万台規模の端末管理を実現するネットワーク接続制御ソリューション「ForeScout CounterACT」は、IoT端末のセキュリティ管理手段として改めてその実力を評価されている。フォアスカウト・テクノロジーズ株式会社(以下、フォアスカウト)リージョナル・ディレクターの吉本努氏に、同製品の特徴と講演の見どころなどについて話を聞いた。


――まずは会社について教えてください。

フォアスカウトは2000年に設立され、米国に本社がある、グロバールに展開している企業です。2002年より製品出荷を開始し、2006年にエージェントレスNACソリューション「ForeScout CounterACT」をリリースし、現在ではエージェントレスサイバーセキュリティソリューションが主力製品となっています。

「ForeScout CounterACT」は、グローバルで2,000社以上の導入実績があり、エンドポイントデバイスの総数が2,400万台以上という導入実績もあります。グローバルでの主な導入先は、政府系、金融機関、ヘルスケアなど。日本では業種に偏らず、政府系、製造業や教育機関にも導入いただいています。

「ForeScout CounterACT」は、大量のエンドポイントデバイスを持つ組織に適応できることは最大の特徴のひとつです。一般的に、組織内のエンドポイントの総数は、資産管理ツールやActiveDirectlyで管理しているもの、ネットワーク内に存在するものの把握できていないデバイスをあわせては、業員数の3.5倍あるといわれています。これらにはノン・ユーザー端末と呼ばれるプリンタやカメラ、プロジェクターなどのIP化された機器が含まれ、今後ここにIoT機器が加わることが予想されますが、サイバー攻撃に悪用されると大きな脅威になる可能性があります。

――「ForeScout CounterACT」の機能について教えてください。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. [速報] Interop Tokyo 2017 Best of Show Award 2017 セキュリティカテゴリ受賞プロダクト一覧と受賞理由

    [速報] Interop Tokyo 2017 Best of Show Award 2017 セキュリティカテゴリ受賞プロダクト一覧と受賞理由

  2. セキュリティとユーザーエクスペリエンスは本当にトレードオフなのか

    セキュリティとユーザーエクスペリエンスは本当にトレードオフなのか

  3. AWS 環境に構築した SNS サイトへのハッキングデモ(MBSD)

    AWS 環境に構築した SNS サイトへのハッキングデモ(MBSD)

  4. IPAなどの注意喚起情報では間に合わない~脆弱性を狙う攻撃とその対策(EGセキュアソリューションズ、ジェイピー・セキュア)

  5. アジア人初の DEF CON CTF ファイナリスト集団によるハンズオントレーニング、虎ノ門ヒルズに開校

  6. 緊急会見~ランサムウェア「WannaCry」特徴と対策(トレンドマイクロ)

  7. ランサムウェアの歴史と未来 - 世界最初のランサムウェアはフロッピーを郵送?(ESET)[Security Days Spring 2017 レポート]

  8. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  9. [Security Days Spring 2017 インタビュー] ソフトバンクが惚れ込んだ標的型攻撃対策のEDR製品(サイバーリーズン・ジャパン)

  10. スマートフォンの利用が増える夏休み前に親子でセキュリティを考える機会を提供(トレンドマイクロ、LINE)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×