[Security Days Spring 2017 インタビュー] ワークスタイル改革の技術基盤はすでに整っている(ヴイエムウェア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.14(水)

[Security Days Spring 2017 インタビュー] ワークスタイル改革の技術基盤はすでに整っている(ヴイエムウェア)

デジタルワークスペースを実現するソリューション「VMware Workspace ONE」を提供するヴイエムウェア株式会社は、ユーザーの利便性とセキュリティの両立こそが、働き方改革成功の条件と考えている。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
3月8日からの3日間は東京で、3月16日には大阪にて開催される「Security Days Spring 2017」。国内外のセキュリティベンダーによるセミナー中心のイベントで、多くの企業や専門家が最新知見の講演を行う。

デジタルワークスペースを実現するソリューション「VMware Workspace ONE」を提供するヴイエムウェア株式会社は、ユーザーの利便性とセキュリティの両立こそが、働き方改革成功の条件と考えている。同社 マーケティング本部 シニアプロダクトマーケティングマネージャ 本田 豊 氏に、ヴイエムウェアのソリューションが担保するセキュリティと、Security Days 2017の本田氏の講演のポイントについて話を聞いた。


――ヴイエムウェアが提唱する「デジタルワークスペース」とはどんなコンセプトですか。

今日、世の中のデジタル化が急速に進んでいます。例えば、これまでデジタルから比較的遠かった教育や医療の世界でも、学校にタブレットやコンピュータが次々と導入されたり、大規模病院における電子カルテの導入率もここ2~3年で急速に上がっています。

デジタル化とは、たとえば人によって紙で回されていた稟議書といった業務フローやプロセスがアプリケーション上で実現されることを意味します。また、10年前なら企業のアプリのほとんどがWindowsベースでしたが、その後SaaSや、Webベースのアプリ、最近ではモバイルアプリなど、その種類も、利用する数も増えています。かたやデバイスも、Windows PCだけではなく、Mac、Android、iOSなど多岐にわたります。

ヴイエムウェアは、「あらゆるアプリケーションに」「PC、スマホ、タブレットなどあらゆるデバイスを通じて」「場所や時間を問わず」「シームレスに」「安全に」アクセスできる環境を「デジタルワークスペース」と呼んでおり、それを実現するのが「VMware Workspace ONE」という製品です。

――時間や場所、デバイスを選ばないワークスタイル改革を実現する上では、何が重要なのでしょうか。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×