オレオレ詐欺は減少も5,700件、166億円の被害、一方で還付金詐欺が増加(警察庁) | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

オレオレ詐欺は減少も5,700件、166億円の被害、一方で還付金詐欺が増加(警察庁)

警察庁は、平成28年の特殊詐欺認知・検挙状況等について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
警察庁は2月2日、平成28年の特殊詐欺認知・検挙状況等について発表した。これによると、特殊詐欺の認知件数は14,151件(前年比+327件、+2.4%)で前年から微増。被害額は406.3億円(同-75.7億円、-15.7%)と2年連続で減少しているが、依然として高水準で推移している。また、既遂1件あたりの被害額は、306.9万円(同-70.5万円、-18.7%)となっている。地域別にみると、8道県において被害額が半減した一方で、神奈川、愛知、大阪など一部の大都市圏では、認知件数・被害額のいずれも増加している。

手口別では「オレオレ詐欺」が約4割と、もっとも多かったものの、認知件数は5,737件(同-91件、-1.6%)で4年ぶりに減少、被害額は166.0億円(同-9.1億円、-5.2%)で7年ぶりに減少した。一方で「還付金等詐欺」が認知件数3,682件(同+1,306件、+55.0%)、被害額42.6億円(同+17.1億円、+67.4%)と増加し、全体の認知件数を押し上げた。多発した地域は、大阪(725件)、千葉(481件)、愛知(351件)、神奈川(263件)であった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×