米ObserveIT社の内部不正対策ソリューションを販売開始(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2021.10.18(月)

米ObserveIT社の内部不正対策ソリューションを販売開始(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、米ObserveIT社と販売代理店契約を締結したと発表した。これによりマクニカネットワークスは、米ObserveIT社のソフトウェア「ObserveIT」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マクニカネットワークス株式会社は1月19日、米ObserveIT社と販売代理店契約を締結したと発表した。これによりマクニカネットワークスは、米ObserveIT社のソフトウェア「ObserveIT」の提供を同日より開始した。同製品は、ユーザのシステム操作証跡を録画し、User Behavior Analytics(UBA)によって内部不正リスクを可視化するソリューション。悪意のあるユーザを簡単かつ効率的に検知できるという。

録画機能は、ログが残るシステム操作に加え、システム管理ツールやテキストエディタなど、ログ生成機能のないアプリケーションやツールによるシステム操作も対象になる。録画したデータは解析可能なメタデータに変換され、ObserveITが提供するUBAによってユーザの各操作をスコアリング、自動解析することで、内部不正を犯すリスクのあるユーザを可視化する。

スコアリングルールは利用環境に合わせて修正、追加、削除が可能。また、管理者は可視化された内部不正リスクのあるユーザをダッシュボード上でリアルタイムにモニタリングすることができるため、不審な操作が検出されたユーザに対して通知、教育を行うことで、内部不正を未然に防ぐことができる。さらに、録画していることをユーザに知らせることで、ユーザのセキュリティ意識を向上させ、悪意ある操作の抑止効果も見込めるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×