PHPMailer において送信元情報の検証不備により任意のファイルが書き込まれてしまう脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2022.11.27(日)

PHPMailer において送信元情報の検証不備により任意のファイルが書き込まれてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

WordPress をはじめとした様々な CMS ソフトウェアにも組み込まれているライブラリソフトウェアである PHPMailer に、値検証の不備により遠隔から任意のコードが書き込まれてしまう脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/12~11/30迄 創刊24周年記念価格提供中★★
★★10/12~11/30迄 創刊24周年記念価格提供中★★

2022年10月12日(水)~11月30日(水) の間 ScanNetSecurity 創刊24周年記念価格で提供。

×