Philips Hue の電球に侵入する IoT ワーム、電球から電球へ感染し都市全域へ拡大 (The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

Philips Hue の電球に侵入する IoT ワーム、電球から電球へ感染し都市全域へ拡大 (The Register)

研究者たちは概念実証のため、スマート照明「Philips Hue」の電球に侵入し、安全性に欠けるインターネットに接続された電球のスイッチを入れたり切ったりできるワームを開発した。

国際 TheRegister
研究者たちは概念実証のため、あらゆる都市のスマート照明「Philips Hue」の電球に侵入し、安全性に欠けるインターネットに接続された電球のスイッチを入れたり切ったりできるワームを開発した。

「IoT Goes Nuclear: Creating a ZigBee Chain Reaction (PDF)」という題名の研究論文で詳しく述べられているこの意地の悪いソフトウェアは、ハードコード化した対称暗号鍵を利用し、Zigbeeの無線ネットワークを介して機器をコントロールする。これにより、マルウェアは最大400メートル離れたところから1つの電球に侵入することができる。

更に、これらの合鍵を使うことでワームが、1つのスマート電球から付近にある他のスマート電球に乗り移ることができる。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×