スマートテレビがランサムウェアに感染する瞬間を目撃! IoTセミナー(トレンドマイクロ) 2ページ目 | ScanNetSecurity
2020.06.04(木)

スマートテレビがランサムウェアに感染する瞬間を目撃! IoTセミナー(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「IoT時代のホームネットワークに潜む脅威解説セミナー」を開催した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
ルータの設定を変更するには、管理コンソールにログインする必要がある。しかし、同社の調査によると19%のユーザがルータのログインIDとパスワードを簡易なもの、あるいは初期設定のまま使用しており、辞書攻撃によりIDとパスワードが判明される可能性が高い。また、ルータにはしばしば脆弱性が発見され、悪用されるとルータを乗っ取られてしまう重大なものも少なくない。このためルータのファームウェアの更新が必要だが、自動更新が初期設定では無効になっていたり、利用者側の意識が希薄なため、脆弱性が放置されてしまう傾向にあるという。

ホームネットワークに接続されるスマート家電などの多くは、OSにAndroidを搭載している。同社ではスマートテレビを狙う不正アプリ「Flocker」を検知しており、実際に国内でスマートテレビがロックされる事例も確認しているという。Flockerはこの7月から9月の3カ月で、国内で約3万件が検出されており、スマート家電を狙う攻撃はもはや現実のものになっているとした。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×